close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

トヨタ生産方式入門

お気に入りに追加
コースコードCourse Code BZT000281104 価格Fee Including Tax 16,200 円
学習形態 通信教育 講座区分
Course Category
-
学習期間
Learning Period
3ヶ月 在籍期間
Enrollment Period
6ヶ月
開講月
Starting Month
PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
開講日
Starting Date
毎月1日
対象者
Person
原価を下げる製造技術を学びたい方。

講座概要

トヨタ生産方式=かんばん方式と理解されがちですが、実はかんばんはムダを見つけるための一つの道具に過ぎないのです。トヨタ生産方式は、ひと言で言えば「原価を下げる製造技術」です。「平準化」を土台にして、「ジャスト・イン・タイム」と「自働化」を2本の柱として、売れるものを、売れる時に、人・機械・物のムダのない組合せで、しかも短いリードタイムで造るという原価を下げる製造技術なのです。トヨタ生産方式の基本的な考え方を正しくご理解していただくために、「かんばんとは何か?」「アンドンとは何か?」「標準作業とは何か?」といった用語の説明から内容までを詳しくわかりやすく解説しております。

トヨタ生産方式入門

価格 16,200  円(税込)

BZT000281104

カリキュラム

1 1章 なぜ改善をするのか
 ・収益確保の三つの理由   ・利益と原価
2章 トヨタ生産方式の基本的な考え方
 ・トヨタ生産方式の定義   ・製造技術とは
 ・改善こそ会社発展の基本   ・営業と生産は車の両輪
 ・トヨタ生産方式を構成するもの   ・管理の道具
2 3章 標準作業
 ・物の作り方の基本   ・標準作業の定義
 ・標準作業の目的   ・標準作業成立の3条件
 ・標準作業の3要素   ・工程別能力表
 ・標準作業組合せ票   ・標準作業票
 ・標準作業の作成
3 4章 改善の進め方
 ・トヨタ生産方式は監督者のためのもの   ・カウボーイの管理
 ・トヨタ生産方式と4S   ・ムダについて
 ・改善の進め方   ・生産ラインの考え方
 ・生産のリードタイム   ・段取替え時間短縮について
5章 事例研究
 ・事例1〜事例6   ・治工具の開発による動作改善事例

受講条件

特になし

修了基準
Passing Grade
全課題60点以上
課題数
Number of Assignment
3回
教材
Learning Materials
テキスト1冊
実施団体名
Implemented by
職業訓練法人日本技能教育開発センター
備考
Note
-

トヨタ生産方式入門

価格 16,200  円(税込)

BZT000281104

この講座を見た方は、以下の講座もチェックしています