close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

ITインフラ運用実践1 〜ツールを活用して運用管理を自動化する〜

お気に入りに追加
コースコードCourse Code ADK010511801 価格Fee Including Tax 140,400 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
2日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
新宿LC/東京都
06月講座 2019/06/27(木)09:30-17:00 空席あり
08月講座 2019/08/05(月)09:30-17:00 空席あり
11月講座 2019/11/21(木)09:30-17:00 空席あり
01月講座 2020/01/16(木)09:30-17:00 空席あり
名古屋LC/愛知県
08月講座 2019/08/19(月)09:30-17:00 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
・運用設計を担当するSIerのインフラエンジニア
・運用サービスを提供するITサービス事業者の運用エンジニア

講座概要

基本的なWebアプリケーションシステムの運用管理を想定し、具体例を交えながら運用管理に必要な関連技術を学習できます。また、座学だけでなく、統合監視ツールや構成管理ツールを用いた実機演習を通して、より実践的な運用業務を体感できます。

ITインフラ運用実践1 〜ツールを活用して運用管理を自動化する〜

会場
Place

価格  140,400  円(税込)

ADK010511801

カリキュラム

1. システム運用管理の概要
  − 運用管理の必要性
  − 管理項目の種類
  − 非機能要件
  − SLA
  − 運用管理における課題

2. 障害を検知する
  − 監視の必要性
  − システム監視の種類
  − 稼働監視
  − アプリケーション監視
  − リソース監視
  − 監視ツールの活用
  − 主な統合監視ツール
  − Zabbixの基本構成

3. 定常業務を自動化する
  − ‐ システム運用における定常業務
  − 定常業務の種類
  − ジョブ管理の目的
  − 主なジョブ管理ツール
  − JobSchedulerの基本構成

4. 稼働状況を把握する
  − ‐ 性能管理の必要性
  − ベースラインとボトルネック
  − 主な性能指標
  − 監視プロトコル
  − 主な性能管理ツール
  − Zabbixによる性能監視

5. サーバー構築を自動化する
  − 構成管理の必要性
  − 構成管理ツールの活用
  − 主な構成管理ツール
  − Ansibleの基本構成
  − Serverspecの基本構成

6. ログを収集・管理する
  − ‐ システムにおけるセキュリティ対策の全体像
  − セキュリティ管理
  − ログ管理の必要性
  − ログの種類
  − Zabbixを用いたログ収集

7. 仮想環境の運用管理
  − 仮想環境におけるシステム運用の特徴

受講条件

□TCP/IPの基本な知識
□Windows OSの操作ができる 
□Linux OSの操作ができる

実施団体名
Implemented by
トレノケート株式会社
備考
Note
テキスト電子化対象です。

ITインフラ運用実践1 〜ツールを活用して運用管理を自動化する〜

会場
Place

価格  140,400  円(税込)

ADK010511801

この講座を見た方は、以下の講座もチェックしています