close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

実践クラウドデザインパターン

お気に入りに追加

< 消費税について >
開催終了日が2019年 9月30日まで  151,200円(税込)
開催終了日が2019年10月 1日以降  154,000円(税込)※
※ただし、9/30までに申し込みを受け付けた商品に限り、研修終了日が10月のコースであっても消費税8%を適用します。<経過措置>

コースコードCourse Code ADK011001901 価格Fee Including Tax 154,000 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
2日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
新宿LC/東京都
05月講座 2019/05/30(木)09:30-17:30 空席あり
06月講座 2019/06/25(火)09:30-17:30 空席あり
07月講座 2019/07/22(月)09:30-17:30 空席あり
09月講座 2019/09/19(木)09:30-17:30 空席あり
10月講座 2019/10/17(木)09:30-17:30 空席あり
12月講座 2019/12/12(木)09:30-17:30 空席あり
01月講座 2020/01/30(木)09:30-17:30 空席あり
03月講座 2020/03/04(水)09:30-17:30 空席あり
名古屋LC/愛知県
大阪LC/大阪府
08月講座 2019/08/14(水)09:30-17:30 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
クラウドに携わる
・インフラエンジニア
・開発エンジニア
・ユーザー企業のIT部門エンジニア

講座概要

現在、企業のクラウド利用が進み、システムのクラウド移行やクラウドでのシステム開発が増加しています。一方で、クラウドの特性やメリットを最大限に活かした、クラウドネイティブなシステムを設計・提案をするスキルの不足が、クラウドに携わるエンジニアの課題となっています。

本コースでは、クラウドを有効に活用する設計のベストプラクティスである「クラウドデザインパターン」の理解を通して、クラウド最適なアーキテクチャ設計の汎用的かつ基本的な考え方を学習します。
マイクロサービス化や並列化などクラウド最適化のための基礎的な概念を押さえた上で、高いスケーラビリティと可用性のための設計、データ層の設計、自動化などの運用保守のための設計を解説します。
また、モダンなクラウドアプリケーション開発のためのペストプラクティスであるWTwelve−Factor AppWについても概説します。

実践クラウドデザインパターン

会場
Place

価格  154,000  円(税込)

ADK011001901

カリキュラム

1. イントロダクション
  − クラウドの技術上の利点
  − Lift & Shiftとクラウド最適化
  − クラウドデザインパターンとは
  − このコースで行うこと

2. クラウド最適なアーキテクチャ設計指針
  − サービスレベルの設定
  − クラウド最適化

3. スケーラビリティと回復性のための設計パターン
  − 処理の並列化と自動スケーリング
  − ステート情報の配置
  − サーバー構成の自動化
  − 高可用性とDR
  − コンポーネントの分離と疎結合化

4. データ層の設計パターン
  − 適切なデータストアの選択
  − リレーショナルデータベース
  − NoSQL
  − オブジェクトストレージ
  − データの配置

5. 運用保守のための設計パターン
  − インストルメンテーション
  − 作業の自動化
  − アプリケーションのデプロイ

6. モダンなクラウドアプリケーション設計
  − コンピューティング基盤のオプション
  − (Beyond) the Twelve−Factor App


※学習内容は一部変更される可能性があります

受講条件

□「クラウドアーキテクト・ファーストステップ(NFC0267G)」受講済み程度の知識
・IaaS/PaaS/SaaSの違いを説明できる
・クラウドの基本的なサービスを挙げることができる(仮想マシン、コンテナ、NoSQL、仮想ネットワークなど)
・仮想マシンとコンテナの違いを説明できる
・DockerコンテナやKubernetesの概要についての知識がある(使用経験は不要です)
□Linuxコマンドラインの操作経験

実施団体名
Implemented by
トレノケート株式会社
備考
Note
テキスト電子化対象です。
内容は変更される可能性があります。

実践クラウドデザインパターン

会場
Place

価格  154,000  円(税込)

ADK011001901