close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

トレイン・ザ・トレーナー 〜研修講師養成講座〜

お気に入りに追加
コースコードCourse Code ADK011021901 価格Fee Including Tax 196,560 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
4日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
新宿LC/東京都
05月講座 2019/05/14(火)09:30-17:00 空席あり
06月講座 2019/06/25(火)09:30-17:00 空席あり
07月講座 2019/07/16(火)09:30-17:00 空席あり
08月講座 2019/08/20(火)09:30-17:00 空席あり
09月講座 2019/09/24(火)09:30-17:00 空席あり
10月講座 2019/10/15(火)09:30-17:00 空席あり
11月講座 2019/11/05(火)09:30-17:00 空席あり
12月講座 2019/12/17(火)09:30-17:00 空席あり
01月講座 2020/01/14(火)09:30-17:00 空席あり
02月講座 2020/02/25(火)09:30-17:00 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
・研修を担当するトレーナー、インストラクタ、講師
・社内外の研修の企画、運営担当者
・部下や後輩を育成・指導する立場にある方

講座概要

現在、あらゆる企業で人材育成の重要性がとりあげられていますが、単に「人に教えた経験があるから」「知識、技術力が豊富だから」などの理由で講師が選ばれてしまうことはないでしょうか?また、「社内に講師を育成できる人がいない」「突然講師に任命された」「講師をしているが我流で不安がある」などの問題をお抱えの方もいらっしゃると思います。高い学習効果を発揮する研修を実施するには、経験年数や、知識や専門技術だけでなく、「教えるテクニック」が必要です。
このコースでは質の高い研修を提供するための知識とテクニックを学び、研修の現場で実施・応用できる「教える技術の強化」を目指します。成人学習に基づき、事前準備、講義の開始から展開の仕方、受講者への効果的な指示の出し方、視聴覚資料の作成方法、時間管理、扱いにくい受講者にどう対応するか、など、研修の準備から実施まで幅広く網羅しています。高い学習効果を上げるために、4日間12名様定員での、実践的なトレーナー養成を行います。

トレイン・ザ・トレーナー 〜研修講師養成講座〜

会場
Place

価格  196,560  円(税込)

ADK011021901

カリキュラム

1.学習を始める前に
  − 自己紹介
  − 個人目標の設定

2. 成人学習
  − 成人の学習と子供の学習の違い(ディスカッション演習あり)
 − 学習の法則を研修に取り入れるには(プレゼンテーション演習あり)
  − 受講者に役立つフィードバックをするためのポイント

3. 研修準備:学習目標の設定方法
  − 学習目標の構成要素と作成時の留意点(個人演習あり)

4. 研修準備:教育手法の選択
  − 学習目標に合わせた教育手法の選択(プレゼンテーション演習あり)
  − 分かりやすい指示の与え方(個人演習あり)

5. 研修準備:教授戦略プランの作成
  − 研修実施の具体的手順のまとめ方(個人演習あり)

6. 研修の進め方
  − 学習環境の整え方
  − 開始時に受講者の学習意欲を高め、動機づけをする方法(プレゼンテーション研修あり)
  − 講義の展開方法で受講者の学習を促進する
  − より分かりやすい講義を行うためのテクニック

7. 具体例と喩え話
  − 研修内で具体例や喩え話を取り入れる理由と活用時の留意点(個人演習あり)

8. 発問の有効利用
  − トレーナーから受講者に対する効果的な問いかけ方法
  − 問いに対する受講者の回答への対処手順と留意点(個人演習あり)

9. 効果的な質疑応答
  − 受講者の質問を丁寧に受け取る手順
  − 受講者からの質問に5つの回答方法を用いて答える(プレゼンテーション演習あり)

10. 視聴覚教材の作成と活用
  − 作成時の留意点
  − ポインタ(指し棒)活用時の留意点

11. プレゼンテーション演習(DVD撮影あり)
  − 一人10分程度のプレゼンテーション演習と参加者相互のフィードバック

12. 研修内での様々な問題解決
  − 時間管理(ディスカッション演習あり)
  − 扱いにくい受講者の対処(ディスカッション演習あり)

13. まとめとふりかえり

受講条件

□特になし

実施団体名
Implemented by
トレノケート株式会社
備考
Note
テキスト電子化対象です。
リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。
本コースを必要時間数受講されることで、マイクロソフト認定トレーナーであるMCT(Microsoft Certified trainer)プログラムの資格認定条件である「トレーニングのプレゼンテーションスキルの証明」とすることができます。 

トレイン・ザ・トレーナー 〜研修講師養成講座〜

会場
Place

価格  196,560  円(税込)

ADK011021901