close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

経理部門に求められる戦略的役割

お気に入りに追加
コースコードCourse Code DNK005061601 価格Fee Including Tax 42,120 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
1日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
SMBCコンサルティング株式会社/東京都
08月講座 2019/08/28(水)10:00-17:00 空席あり
02月講座 2020/02/19(水)10:00-17:00 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
経理・財務部門担当者

講座概要

「当社に経理部は必要ないのでは?」
「経理部は経営がわかっているのか!?」
などと、現在の経理部に不満を抱えている経営トップは少なくはありません。
そこにあるのは、従来にも増して激しくなる競争環境、加速する国際化の中で、経営トップが経理部に本当に期待する役割とこれまで続けてきた経理業務に大きなギャップが生じてきているからです。
では、これからの経理部に求められる役割は何なのでしょうか?
本セミナーでは、経理部の役割転換が求められる背景を理解し、経営に役立てる戦略的な視点を中心に、これからの経理部門に求められる役割と経理部員に必要なマインド・スキルを考察します。

経理部門に求められる戦略的役割

会場
Place

価格  42,120  円(税込)

DNK005061601

カリキュラム

1.役割転換が求められる経理部門
1)経営トップの本音
2)求められているのは経営参謀
3)管理会計の担い手たれ
4)経営企画部門は日本独自の組織!?

2.自分の頭で考えることが求められる時代へ
1)会計の国際的潮流
2)潮目が変わった日本におけるIFRS
3)IFRSが必要なのは上場企業だけなのか?
4)国際化とは自国の文化を大切にすること
5)細則主義から原則主義へ
6)【演習】売上はいつ計上すべきか
7)制度よりも本業に対して関心を持て

3.財務会計システムと管理会計システム、主役はどっち?
1)“財管一致”のウソと真実
2)財務会計と管理会計はどっちが重要?
3)“財管一致”ではなく“管財組替”
4)スマイルカーブ化する会計業務
5)【ケーススタディ】グローバルで経理業務を集約したオラクル
6)IFRS+XBRL+クラウド=決算業務のオフショア化

4.管理会計のカタチ
1)カタチの重要性
2)あるべき管理会計のカタチ
【演習】強化すべき部門はどれか
【演習】撤退すべき部門はどれか
【演習】部門別業績評価
3)マーケティングの視点も必要
4)組織設計にも関心を持て
5)【ケーススタディ】SIベンダーの成功と失敗 〜事業部制の功罪〜
6)【ケーススタディ】JALも再建させてアメーバ経営の真髄 〜カタチだけ真似たら失敗する〜

5.合理性を踏まえて合理性を超える
1)【ケーススタディ】サムスンはなぜ強い
2)【ケーススタディ】利益が出ないことを許容するグーグル
3)【ケーススタディ】ウォークマンはなぜiPodに敗れたか
4)合理性を超えることと無謀は違う

6.これからの経理部門に求められるマインドとスキル
〜求められる資質は180度変わる!?〜

受講条件

実施団体名
Implemented by
SMBCコンサルティング株式会社
備考
Note
※受付は30分前より開始いたします
※会場には駐車場はございません
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

経理部門に求められる戦略的役割

会場
Place

価格  42,120  円(税込)

DNK005061601

この講座を見た方は、以下の講座もチェックしています