close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

Linux 仮想化・高可用性システム構築(LinuC / LPIC 304 対応)[LinuC](試験無)(バウチャー付)

お気に入りに追加

< 消費税について >
開催終了日が9/30まで  285,120円(税込)
開催終了日が10/1以降  290,400円(税込)※
※ただし、9/30までに申し込みを受け付けた商品に限り、研修終了日が10月以降のコースであっても消費税8%を適用します。<経過措置>

コースコードCourse Code GRK000671901 価格Fee Including Tax 290,400 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
4日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
株式会社NGN-SF (五反田)/東京都
05月講座 2019/05/14(火)09:30-17:30 空席あり
07月講座 2019/07/16(火)09:30-17:30 空席あり
09月講座 2019/09/03(火)09:30-17:30 空席あり
10月講座 2019/10/15(火)09:30-17:30 空席あり
11月講座 2019/11/26(火)09:30-17:30 空席あり
02月講座 2020/02/25(火)09:30-17:30 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
・LinuC 304 Virtualization & High Availability Exam 試験合格を目指される方
・LinuC Level-3 Certification 304 Virtualization & High Availability の取得を目指される方
・LPI Level 3 Exam 304 試験合格を目指される方
・LPIC Level 3 Virtualization &High Availability の取得を目指される方

講座概要

LinuC Level-3 Certification 304 Virtualization & High Availability もしくは、LPIC (Linux Professional Institute) Level 3 Specialty 「Virtualization & High Availability」に対応したコースです。
LinuC / LPIC レベル3 認定資格の取得を目指される方で、LinuC 304 Virtualization & High Availability Exam 試験 および、LPI Level 3 Exam 304 試験を受験される方に最適なコースです。
Linuxを使用した仮想化システム、高可用性システムの構築と運用に関する技術を習得し、LinuC / LPI304試験合格に必要な技術と知識を身につけることを目的としています。

Linux 仮想化・高可用性システム構築(LinuC / LPIC 304 対応)[LinuC](試験無)(バウチャー付)

会場
Place

価格  290,400  円(税込)

GRK000671901

カリキュラム

第1章:仮想化と高可用性の概要
1.仮想化
2.高可用性

第2章:KVM
1.KVM の概要
2.KVM のインストールと設定
3.KVM ゲストOSのインストール
4.KVM のネットワーク
5.KVM ゲストOSの管理
6.ゲストOSの設定

第3章:Xen
1.Xen の概要
2.Xen のインストールと設定
3.Xen ゲストOSのインストール
4.Xen ゲストOSの管理
5.Xen のネットワーク
6.ゲストOSの設定
7.その他の仮想化ソリューション

第4章:libvirt・libvirtd と関連ツール
1.libvirt の概要
2.libvirt のパッケージ
3.virt-manager のパッケージ
4.libvirt のアーキテクチャ
5.コネクションURI
6.libvirt API
7.Python API バインディング
8.GUI管理ツール virt-manager
9.GUI管理ツール oVirt

第5章:ロードバランシング
1.ロードバランシングの概要
2,LVS の構成方式
3.LVS のスケジューリングアルゴリズム
4.ipvsadm コマンドによる設定
5.keepalived による設定
6.ldirectord による設定
7.HAProxy
8.LinuxPMI(参考)

第6章:クラスタ管理 -corosync/pacemaker-
1.クラスタの構成
2.Corosync
3.pcsd
4.Pacemaker
5.corosync の設定
6.リソースとリソースエージェント
7.仮想IP+Apache Web サーバの Active/Standby 構成例
8.pcsコマンドによる設定例

第7章:クラスタストレージ - DRBD -
1.DRBD について
2.カーネルモジュールとパッケージ
3.設定手順
4.Pacemaker/Corosync による Active/Standby 構成

第8章:クラスタストレージ - GFS2 -
1.GFS2 について
2.カーネルモジュールとパッケージ
3.設定手順
4.CLVM と GFS2の設定手順
5.STONITH デバイス

第9章:クラスタストレージ - OCFS2 -
1.OCFS2 について
2.CentOS 5.8でのインストールと設定
3.その他のファイルシステム

第10章:エンタープライズLinuxの高可用性
1.RedHat Enterprise Linux 7の高可用性ソフトウェア
2.RedHat Enterprise Linux 7の高可用性ソフトウェア
3.RedHat Enterprise Linux 7の高可用性ソフトウェア
4.SUSE Linux Enterprise Serverの高可用性ソフトウェア

受講条件

・LinuC / LPIC レベル2 認定資格取得済みの方
・Linux あるいは UNIX 業務経験 3年以上の方

実施団体名
Implemented by
株式会社NGN-SF
備考
Note
・このコースは、LPI-Japanアカデミック認定校であるNGN-SF 社のオリジナルコースです。
※五反田教室にてフリードリンクサービス実施中!
※受講者変更はセミナー開始5営業日前まで承ります

Linux 仮想化・高可用性システム構築(LinuC / LPIC 304 対応)[LinuC](試験無)(バウチャー付)

会場
Place

価格  290,400  円(税込)

GRK000671901