close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

【PDU対象】▼DX時代の価値創造講座▲引き出し&コラボレーション〜IT企画・要件定義を制する〜[8PDU付]

お気に入りに追加
コースコードCourse Code AYK000351503 価格Fee Including Tax 71,500 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
1日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
8 PDU
 -
 -
8 PDU
会場/日程
place/schedule
東京本社(リバージュ品川5F セミナールーム)/東京都
10月講座 2020/10/02(金)09:00-18:00 空席あり
01月講座 2021/01/15(金)09:00-18:00 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
◆IT構想・企画や要件定義に携わる方
◆インタビュー、ヒアリングなどの知識をつけたい方

講座概要

システムの企画や要件定義などの設計を行う場合には、多くのステークホルダーとコミュニケーションをしなければなりません。しかしそのコミュニケーションを図る際、日常のコミュニケーションと同じスタイルで臨んでも、十分な情報を正確に引き出す事は出来ません。
本研修では、コミュニケーションの原理、原則及びヒアリングのポイントを演習を通じて学びます。また、ヒアリングした結果を体系的に整理し、企画・要件定義での情報整理についても学びます。

グループ演習で講師や他社受講者と議論をすることにより、見識を深めることができます。

関連する領域やスキル:ビジネス分析、要求定義、企画、要件定義、課題解決力、コミュニケーション、人間関係

PMP向けPDU取得対象講座[Strategic:8]。
本講座は8PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス8PDU]

【PDU対象】▼DX時代の価値創造講座▲引き出し&コラボレーション〜IT企画・要件定義を制する〜[8PDU付]

会場
Place

価格  71,500  円(税込)

AYK000351503

カリキュラム

※カリキュラムは、予告なく変更になる場合がございます。
講義1 ビジネスアナリシスに必要なコミュニケーション
-ビジネスアナリシスの知識体系の説明およびビジネスアナリストの役割を解説する。
講義2 上流工程での引き出し概要
-上流工程と引き出すの関係性について理解する。
講義3 コミュニケーションの構造
-コミュニケーションの構造と問題を理解する。
講義4 ヒアリング
-NLPのメタモデルを紹介
-「省略」された情報を回復するための方法
-「一般化」によって欠落する情報を回復するための方法
-決めつけ・思い込みによって「歪曲」された情報を回復するための方法
演習1 個人演習
-省略のメタモデル
演習2 個人演習
-一般化のメタモデル
演習3 個人演習
-歪曲のメタモデル
講義5 上流工程での引き出しテクニック
 -IT企画や要件定義ではどのような情報が必要なのかを理解する
 -ヒアリングの観点を理解する
演習4 グループ演習
-ステークホルダーヒアリング/ヒアリング結果纏め/発表
講義6 コミュニケーション環境
-コミュニケーションの環境作り
演習5 グループ演習
-新しいアイディア(ToBe)の提案

受講条件

 

実施団体名
Implemented by
株式会社アイ・ティ・イノベーション
備考
Note
本研修は8CDU/8PDU付です。

【PDU対象】▼DX時代の価値創造講座▲引き出し&コラボレーション〜IT企画・要件定義を制する〜[8PDU付]

会場
Place

価格  71,500  円(税込)

AYK000351503