close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

ビジネス・CSRの検索結果一覧(76件)

現在の検索条件

条件を変更する
76件中 61 〜 70件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
【行動基準シリーズ】企業と従業員を守る!ソーシャルメディアにおけるリスク対策 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,860円JPY 初級 6ヶ月 -

本コースは、全従業員(「ソーシャルメディアの利用者」の立場となる方)を対象にしたコースです。
ソーシャルメディアの個人利用が企業にあたえるリスクをきちんと認識し、トラブルを避けて自分自身や企業を守る方法を学びます。
このコースでは、以下の流れで学習を進めます。
・ Lesson 学習・・・ソーシャルメディアについて、4つの章に分けて学習します。
【第1章】 ソーシャルメディアとは
【第2章】 ソーシャルメディアで実際に起こりうるトラブル!
【第3章】 ソーシャルメディアでのトラブルが与える影響
【第4章】 最後に
・ 総合テスト・・・学習の習熟度を確認します。

DAE006831801 お気に入りに追加
【行動基準シリーズ】ケースで学ぶ!コンプライアンスの基礎 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,860円JPY 初級 6ヶ月 -

このコースでは、企業や組織のスタッフとして、コンプライアンスの重要性、趣旨とその目的の正しい理解を学習します。また、一般的に必要とされるコンプライアンス知識について、法律や社会規範、一般的な規則などに基づいて学習します。
学習は、気づき、学び、実践 の3ステップで実施します。
1.レッスン学習・・・コンプライアンスの基礎について、章に分けて学習します。
2.確認テスト・最終テスト・・・学習の習熟度を確認します。

DAE006861801 お気に入りに追加
【行動基準シリーズ】ケースで学ぶ!コンプライアンスの基礎 (A) 権利や労務編 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,860円JPY 初級 6ヶ月 -

このコースでは、企業や組織に所属するスタッフに必要なコンプライアンス知識について、権利や労務の観点から学習します。学習は、気づき、学び、実践 の3ステップで実施します。
このコースでは、以下の流れで学習を進めます。
1.レッスン学習・・・コンプライアンスの基礎について、章に分けて学習します。
2.確認テスト・最終テスト・・・学習の習熟度を確認します。

DAE006871801 お気に入りに追加
【行動基準シリーズ】ケースで学ぶ!コンプライアンスの基礎 (B) 対外編 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,860円JPY 初級 6ヶ月 -

このコースでは、企業や組織に所属するスタッフに必要なコンプライアンス知識について、対外的な観点から学習します。学習は、気づき、学び、実践 の3ステップで実施します。
このコースでは、以下の流れで学習を進めます。
1.レッスン学習・・・コンプライアンスの基礎について、章に分けて学習します。
2.確認テスト・最終テスト・・・学習の習熟度を確認します。

DAE006881801 お気に入りに追加
【PDU対象】ISMS内部監査員養成コース(2日間)[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 97,200円JPY 中級 2日間

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の概要を再認識し、内部監査を実施するために必要な知識や監査手法を演習形式で学ぶ実践的なコースです。
1日目では、114の管理策の要点を振り返り、2日目の模擬監査演習は、ロールプレイングで立場を置換えての演習を実施することで、監査人・被監査人双方の視点を学ぶことができます。また、演習はゲーム感覚で身につくよう工夫されていますので、内部監査未経験者の方でも効率的かつ効果的に学ぶことができます。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル7PDU_リーダーシップ3PDU_戦略/ビジネス4PDU]

DLK000081305 お気に入りに追加
【PDU対象】CSIRT基礎 インシデントレスポンス[6PDU付] 
6 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 54,000円JPY 初級 1日間

最近、サイバー攻撃、情報セキュリティ、ソフトの脆弱性などがメディアを含 めてよく聞かれます。いくつかの記事は不安を煽るだけのものもありますが、コンピュータや、スマートフォン、SNS、インターネット等は、年々その脅威が増大しています。

情報漏洩事件・事故は拡大の一途にあり、政府や関係省庁の発表資料等にもCSIRT構築の必要性が重視されるようになりましたので、多くの企業組織の中にセキュリティインシデントに対応するためのCSIRTが構築されてきました。
しかしながら、CSIRTと言う概念自体が曖昧であり、実際の運用や担当者の育成で悩んでいる組織も多いようです。

そこで、実際の運用や担当者の育成のニーズに答えるため、CSIRT基本講座のコースを準備しました。
これらのコースでは以下の習得を目的としています。

- CSIRTの要素(含む技術)の基礎的な知識を習得します。
- CSIRTの運用を実施する個人の知識、技術レベルをアップします。
- CSIRTの新たに加えたいサービスに関して知識を習得します。

<演習内容>
以下のような例題をもとに進めていきます。
■「お客様から当社webサイトにアクセスしたらパソコンの挙動がおかしくなったと問い合わせ」がコールセンターへ入る。
■改ざんなどのwebサイトに関連したインシデントについての報告は今のところない。

→考えられる可能性を全てイメージしてください。
・そもそもインシデントなのか?
・インシデントなら、何がどういう原因で起こっているのか?

※考えられる原因やとるべきアクションを演習を通じてディスカッションしていきます。
本講座は6PDU取得できます。[PDU:テクニカル2PDU_リーダーシップ3PDU_戦略/ビジネス1PDU]

DLK000131601 お気に入りに追加
内部監査の現場における手続きと各業務プロセス別のチェックポイント 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 33,480円JPY 初級 1日間

社会環境や法制がめまぐるしく変化する中、企業不祥事・不正や規律・法令違反等は増加、多様化しており、内部監査人の役割はこれまで以上に重要性を増しております。
しかしながら、実際の現場では、チェックしやすいところに視点がいってしまったり、形式的になってしまったりと、なかなか効果的に内部監査の手続きが行われていないのが実状です。
本セミナーでは、内部監査を成功させるための監査現場での手続きの重要ポイントを各業務プロセス別の事例や留意点を踏まえながら、実践的に解説します。

DNK004591403 お気に入りに追加
内部統制の基本と実務の具体例 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 33,480円JPY 初級 1日間

内部統制制度が導入されて10年が経過します。今では当たり前のようになってしまい、“そもそも内部統制とは何か?”と考える機会も少なくなっているのではないでしょうか?
このセミナーでは、内部統制の基本に立ち返り、“なぜ内部統制が必要なのか“”内部統制の目的や要素とは何か“”内部統制制度とは何か“ 等をやさしく解説します。
内部統制の基礎知識を本質から身につけたい、全てのビジネスパーソンにおすすめのセミナーです。

DNK005221801 お気に入りに追加
管理職に必要な法律知識とコンプライアンス 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 37,800円JPY 初級 1日間

企業コンプライアンスを認識することと、具体的な業務に関連する法律知識を身につけていることは密接に関わってきます。本セミナーでは事例を多く用い、関連する法律解説を盛り込みながら進めていく為、現場に戻った際にご自身の業務上必要となるチェックポイントをより一層イメージしやすくなります。

DNK005271801 お気に入りに追加
速習! 標的型攻撃メール対策 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,320円JPY 初級 1ヶ月 -

近年、特定の企業や組織を狙った標的型攻撃メールが急増しています。
標的型攻撃メールの手口はますます巧妙になってきており、誤った対応により組織の重要な情報が流出するなどの被害が発生する可能性があります。
本コンテンツは事例を交えながら、「標的型攻撃型メールとは何か?」から「見破るポイント」や「対処方法」までを学べます。

DRE000531701 お気に入りに追加
76件中 61 〜 70件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8