close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

テクニカル・システム開発・運用の検索結果一覧(71件)

現在の検索条件

条件を変更する
71件中 51 〜 60件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
企画・提案・要件定義を成功に導くためのUX(User Experience)基礎 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 43,200円JPY 中級 1日間

企業・団体の価値向上を実現するとともに、ユーザーの快適な情報システム活用を実現するための手法であるユーザーエクスペリエンス(User Experience:UX)の目的と内容を、NECで培ってきたノウハウと事例を交え、講義と演習を通して修得します。

AKK047731801 お気に入りに追加
情報システムを安定稼働させるための受入テスト入門 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 43,200円JPY 入門 1日間

情報システム開発における受入テストの位置づけと目的、内容、および手法を理解することによって、限られた納期で品質を担保しながらも効率的に受入テストを実施するための基礎知識とスキルを身につけます。

AKK047791805 お気に入りに追加
【PDU対象】アプリケーション方式設計[13PDU付] 
13 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 97,200円JPY 初級 2日間

単に機能要件を満たすアプリケーションを検討するだけでなく、高い性能や保守性、移植性を実現するアプリケーション方式を検討・設計する上での勘所を、講義とグループ討議、および演習を通して修得します。
本講座は13PDU取得できます。[PDU:テクニカル13PDU]

AKK047901809 お気に入りに追加
Javaモジュールテスト演習 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 32,400円JPY 応用 1日間

単体テスト(モジュールテスト)を自動化して、効率的にテストを実施する方法について学習します。またマシン実習では、JUnit等のテスト作成支援ツールを利用してテストコードを作成しテストを実施します。

AMK000321701 お気に入りに追加
システムトラブルの予防と是正−ISMS・システム監査の視点から− 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 75,600円JPY 応用 2日間

情報システムの開発業務や運用業務で発生したトラブル事例を、予防処置と是正処置の観点から分析し、自らの職場において同様のトラブルを引き起こさないようにするためには何をするべきか、その対策ポイントについて研究・学習します。

AMK000351701 お気に入りに追加
Javaによるテスト駆動開発演習 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 32,400円JPY 応用 1日間

テストを活用した開発手法であるテスト駆動開発について学習します。Javaによるアプリケーション開発を通して、テスト駆動開発の進め方やJUnitなどを利用した自動化の仕組みを学習します。

AMK000391701 お気に入りに追加
Linuxで実現!Zabbixによるシステム監視 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 81,000円JPY 応用 2日間

LinuxシステムでZabbixを用いたシステム監視の基礎と構築について学習します。また、マシン実習を通して、Zabbixのインストールと設定および操作を体験します。本コースは、Zabbixをこれから使う方にお薦めします。

AMK000411701 お気に入りに追加
現行システムのリプレース/改修における現状洗い出しを確実にするための業務フロー作成技法 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 43,200円JPY 応用 1日間

昨今のレガシーマイグレーションやモダナイゼーションのような既存システムの改修・高度化における難関は現状の利用実態を把握しきれず必要な業務ニーズを取りこぼすことです。これを予防するには現行システムの利用状況をしっかりと把握する必要があります。ともすればドキュメントが揃ってなかったりする現実において、現状の洗い出しを高速かつ簡便に実現する方法について、書籍「はじめよう!プロセス設計」の著者が豊富な現場経験に基づく実践的な要点をビジネス系システムを中心にお伝えします。
※このコースは、2017年度まで公開していた「現状業務の洗い出しを確実に実現するための業務フロー作成-書き方・書かせ方-」と同等の内容を含みます。

AMK000731801 お気に入りに追加
情報システムのユーザテストと移行・切替・本番稼働の準備実務 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 43,200円JPY 応用 1日間

情報システム部門が情報システム導入時に安定稼働を保証する条件は、「新規システムの品質確保」と「移行処理・切替作業の確実な実施」および「社内準備のミスのない実行」にあります。このコースでは、情報システム導入時に情報システム部門が社内に対して行う安定稼働を保証するための作業である、ユーザテストと移行・切替・本番稼働の準備の実務について学習します。

AMK000831801 お気に入りに追加
【PDU対象】SEのためのベンダーマネジメント[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 86,400円JPY 応用 2日間

このコースでは、調達方針を踏まえ、SEがサブベンダーを取り纏める際のVMについて、開発プロジェクトの現場でサブベンダーの作業実態を把握し、作業進捗管理とリスクマネジメントを遂行する方法を修得します。
SEがサブベンダーを取り纏める際の、VMのための「プロジェクト実施方法の合意」「VM計画と問題解決プロセスの共有」「VM実行・監視コントロール」の具体策を学習します。
このコースは、米国PMI(R)認定コースに指定されており、PMP(R)資格更新に必要なポイント(PDU:14ポイント)の取得が可能です。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル10PDU_戦略/ビジネス4PDU]

AMK000841801 お気に入りに追加
71件中 51 〜 60件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8