close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

ビジネス・CSRの検索結果一覧(58件)

現在の検索条件

条件を変更する
58件中 21 〜 30件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
速習! 標的型攻撃メール対策 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,400円JPY 初級 1ヶ月 -

近年、特定の企業や組織を狙った標的型攻撃メールが急増しています。
標的型攻撃メールの手口はますます巧妙になってきており、誤った対応により組織の重要な情報が流出するなどの被害が発生する可能性があります。
本コンテンツは事例を交えながら、「標的型攻撃型メールとは何か?」から「見破るポイント」や「対処方法」までを学べます。

DRE000531701 お気に入りに追加
そのとき、どうする?情報セキュリティ事例20選 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,400円JPY 基礎 1ヶ月 -

ビジネスシーンで起こりうる20のセキュリティ事例に対して「そのとき、どうする?」という問いかけに、答えを選択しながら、その結果と適切な対応を学べるコンテンツです。身近な事例から、情報セキュリティに関連する基礎知識が習得できます。

DRE000661801 お気に入りに追加
速習! 個人情報保護法 改正ポイントと実務対応 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,400円JPY 基礎 1ヶ月 -

2017年5月30日に、改正個人情報保護法が全面施行されました。個人情報保護について取り組んではいるけれども、個人情報保護法がどう変わったのかわからないという方向けに、「従業員の信条や病歴も個人情報の一部」や「第三者に提供するときは記録が必須」など、企業・団体として知っておきたい改正ポイントをわかりやすく解説しています。
さらに、職場で起こる可能性のある事例を通して、注意点や対策を具体的に記載しているので、日常実務で個人情報をどのように扱えばよいかがわかります。
※eラーニング「事例で学ぶ 個人情報保護 <改訂4版>」をもとに、個人情報保護法の改正ポイントと、それに伴う事例により再構成した内容です。

DRE000681801 お気に入りに追加
速習! 職場のハラスメント対策 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,400円JPY 基礎 1ヶ月 -

近年、ハラスメントに起因する事件が社会問題化していることを背景に、企業をあげたハラスメント対策に取り組む意識が高まっています。
しかし、ハラスメントの問題は表面化しにくいのが特徴で、対策に苦慮する企業も少なくありません。 本講座では、代表的なハラスメントの事例から「自分ならどうするか」を考え、ハラスメントに対する理解を深める内容となっています。また被害者と加害者、双方の視点でハラスメントについて解説しています。 本講座は、田島・寺西法律事務所 田島正広弁護士 監修のもと作成しています。

DRE000721801 お気に入りに追加
速習! 個人情報保護<改訂版> -GDPR解説付き- 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 4,400円JPY 基礎 1ヶ月 -

近年、個人情報漏えい事件が多発しています。
このような事件を起こさないために、個人情報に対する考え方や管理方法を見直し、一人ひとりが意識を高める必要があります。
本コンテンツでは、一般社員をターゲットに、日常業務でどのように個人情報を取り扱うべきかわかりやすく解説しています。
また、2018年5月にEUで施行された「EU一般データ保護規則(GDPR)」に対応しています。

DRE000921912 お気に入りに追加
災害対策の基礎知識 〜災害の仕組み・事例・対策を学ぶ〜 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 3,300円JPY 初級 2ヶ月 -

災害対策の基礎知識を体系的に学習できるeラーニング講座です。災害発生のメカニズム、過去の災害事例からの教訓、今後想定される災害、さらに防災対策として有効なツールについても学習できます。

AAE008851310 お気に入りに追加
職場で役立つリスクマネジメント実践 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 20,900円JPY 初級 2ヶ月 -

経営幹部が規則や法令の順守を従業員に言って聞かせているだけでは、効果的なリスクマネジメントは実現できません。リスクマネジメントの知識を学ぶだけではなく、現場第一線のビジネスパースンが仕事上のリスクに先手を打つための考え方や手法を学習します。主体的にリスクマネジメントに取り組む人材を育成するのに最適な内容です。
■多忙なビジネスパーソンであっても無理なく取り組めるボリューム、よく整理されたテキストで効果的・効率的に学習できます。
■ビジネスプロセスにおける職種共通のリスクを扱っているため、多くのビジネスパーソンに役立つ内容となっています。
■実践的かつ汎用性の高いリスクマネジメント手法である「逆転発想アプローチ」を学ぶことにより、自らの現場に役立つスキルを習得します。

ACT009401104 お気に入りに追加
〜情報漏えい、炎上リスクを防ぐ〜 ソーシャルメディアリスク管理 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 18,700円JPY 初級 2ヶ月 -

従業員や顧客によるネットへの不適切投稿が炎上を呼び、企業にとって、大きなリスクになっています。口コミサイトなどで誰もがネットを利用して情報発信できるようになった現在、ネット上における企業の評価は消費者の購買行動や企業ブランドの確立に大きな影響力を持つようになりました。
それに伴い、顧客や従業員等による情報漏えい、モラル違反なソーシャルメディア利用など、ソーシャルメディアの不適切な利用により、企業活動に支障を生じる例も多く報道されてきており、企業にとってソーシャルメディアリスクの適切な管理は喫緊の課題となっています。このコースでは、企業側と従業員(個人)の両面から、ソーシャルメディアリスクとその対策について学習し、会社と自分を守ります。
■本人が気づかないうちに情報が漏えいするなど、ソーシャルメディア(ブログ、掲示板、twitter、Facebook、動画共有サイト、質問サイト、口コミサイトなど)に潜む予想外のリスクが理解できます。
■具体的なソーシャルメディアリスクと現実的な防止策について、現実に起きたケースを例に解説しています。
■ 実際に起きたトラブル例とその経過、対処をまとめた事例集がついています。

ACT013681501 お気に入りに追加
1から学ぶ! セクハラ・パワハラ・マタハラ防止(リニューアル版) 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 14,300円JPY 初級 2ヶ月 -

セクハラ・パワハラ・マタハラにまきこまれないための予防策!
ハラスメントの発生は、個人にも組織にも大きな損失を招きます。ハラスメントを起こさない職場づくりや、起こってしまったときに適切に解決できる知識を身につけることは、働くすべての人にとって必須と言えます。2019年のパワハラ関連法案改正に対応した内容で、セクハラ・パワハラ・マタハラについて、具体的に学びます。
●2019年のパワハラ関連法案改正に対応した内容です。
●セクハラ、パワハラ、マタハラの定義を確認し、セクハラ、パワハラ、マタハラにつながる具体的な言動について理解を深めます。また、それらが起きてしまったときの被害者・行為者、および組織への影響についても理解します。
●職場のハラスメント教育に定評がある公益財団法人21世紀職業財団のオリジナルテキストを使用して学習します。
●メインテキストではセクハラ、パワハラ、マタハラについての基本的な知識を身につけ、サブテキストでは職場内で起こった13の事例を具体的に検討し、問題が発生したときの対応などを学びます。
●自身のセクハラ、パワハラ、マタハラに関する知識や認識を確認できる「自己チェックリスト」がついています。

ACT018071912 お気に入りに追加
今日からできる 防災完全マニュアル キット付き 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 32,940円JPY 初級 2ヶ月 -

●【2018年度新規開発コース】
●世界有数の災害大国・日本
日本列島は、海洋プレートと大陸プレートがぶつかり合う場所に生まれました。プレートの上に位置しているということで火山が多く(世界の活火山の7%が日本にあります)、地震が頻繁に起こります(全世界で起きるマグニチュード6.0以上の地震の20%が日本付近で発生しています)。また、このような発生の仕方からして、日本列島は山がちです。実に7割の土地が山地や丘陵地で、傾斜が急な地形が多くあります。山沿いは雨が降りやすく、また急峻な地形から川の流れが速いため、洪水や土砂災害のリスクも高いものがあります。さらに台風の通り道になっていたり、冬は豪雪に見舞われたり……日本で生きていくためには、こうした自然災害への備えが欠かせません。
●さまざまな自然災害のメカニズム、リスク、対策、そして被災後のことまで
本講座では10種類(台風、大雨、洪水、土砂災害、氷雪害、噴火、地震、津波、竜巻、酷暑)の自然災害を網羅。テキスト1巻、2巻でそれぞれの発生メカニズムを解説して(可能なものは)予兆に気づくことを目指したり、事例に基づいてそれぞれの危険性や具体的な被害の程度を知ったり、その対策法や復旧法まで学びます。
また、被災後の拠り所となる避難所での暮らしのことに触れます。日本の避難所は、諸外国に比べて劣悪な環境だと言われています。プライバシーが担保されない、空調が効かない、寝具が充分でない……そんな中でも、少しでも快適に過ごせる方法などを解説していきます。

BDT003551901 お気に入りに追加
58件中 21 〜 30件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6