close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

ビジネス・CSRの検索結果一覧(56件)

現在の検索条件

条件を変更する
56件中 31 〜 40件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
ISO 9001入門コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 23,760円JPY 初級 1日間 2019/08/02(金)10:00〜16:30空席あり
2019/10/03(木)10:00〜16:30空席あり
2020/01/22(水)10:00〜16:30空席あり
2020/03/17(火)10:00〜16:30空席あり

初めて ISO 9001 にかかわる方,ISO 9001 に興味をもたれた方を対象に,QMS(品質マネジメントシステム)認証制度のしくみ,規格要求事項のポイントなど,ISO 9001 の基礎知識として必須となるポイントを説明し,1日で全体像をつかんでいただくためのファーストステップ・コースです.

人事異動などで推進リーダー・推進担当者を引き継いだ方や,QMSに関わる部門に異動された方、他部門と兼務されて忙しい方にも受講しやす1日コースです。

AOK001131106 お気に入りに追加
ISO/IEC 27001 CPD対応コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 23,760円JPY 上級 1日間 2019/08/22(木)09:30〜16:30空席あり
2020/02/25(火)09:30〜16:30空席あり

当コースは,JRCA登録ISMS審査員の資格基準の要件を満たす研修として,資格維持・更新を目的とするISMS 審査員や,組織のISMS 事務局・推進担当者の方々を主な対象として,情報セキュリティに関する審査技術,情報技術,関連法令等の最新情報を提供します。

AOK001361106 お気に入りに追加
ISO 9001 CPD対応コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 23,760円JPY 上級 1日間 2019/08/05(月)09:30〜17:00空席あり
2020/01/29(水)09:30〜17:00空席あり

当コースは,JRCA登録QMS審査員の資格基準の要件を満たす研修として,資格維持・更新を目的とするQMS審査員や,組織のQMS事務局・推進担当者の方々を主な対象として,QMSに関する直接的、または間接的に役立つ知識・最新情報の提供、および力量向上等を支援する内容となっています。

AOK001661701 お気に入りに追加
ISO 14001入門と要求事項の解説コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 23,760円JPY 初級 1日間 2019/07/05(金)09:15〜17:00空席あり
2019/09/18(水)09:15〜17:00空席あり
2020/01/21(火)09:15〜17:00空席あり

EMSとは何か、EMSとはどういうものか、まだ組織としてどのようにEMSに取り組まなくてならないのか、ISO 14001要求事項の重要ポイントは何かなど、ISO 14001の基礎知識として必須となるポイントについて、演習を含めてわかりやすく解説します。ISO 14001に関わる全ての組織の方へおすすめします。

AOK001711801 お気に入りに追加
管理者のためのコンプライアンスと不祥事防止マネジメント 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 24,300円JPY 中級 3ヶ月 -

【部署での不祥事が起こる危険性を診断できる】不祥事の可能性を取り除くために、企業や管理者がやるべきことは、社員の倫理観、組織のしくみづくり。これからの管理者の役割として、「目標を達成すること」に加え「不祥事を起こさない組織風土づくり」が緊急課題ではないでしょうか。本コースは、まず、コンプライアンスの基本を学びます。それから不祥事の発生に共通に存在する心理メカニズムを理解して、その防止のマネジメントについて学習します。不祥事が起きる原因は、自分の中、自職場の人の中にも潜んでいて、不祥事を起こすのは、自分のような「普通の人」であり、決して特殊な人たちではないことを前提にしています。

BDT000411104 お気に入りに追加
悪質クレーム&モンスター対策 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 24,300円JPY 中級 3ヶ月 -

本コースではその場しのぎではない、悪質クレーマーへの正しい対応策、事前の予防策、組織的なしくみづくりまで幅広く学習します。多くの事例をもとに、悪質クレームと通常クレームの見極め方、最低限必要な法律の正しい知識、法のプロとの連携法などを解説しています。また、クレームのレベルや内容も職種や業態によってさまざまです。自分の業務にあった対策マニュアルを作り、実践に活かせるクレーム対応術が身につきます。→最低限知っておきたい法知識がわかる→個人、職場で取り組んでおくべき対策がわかる→悪質なクレーム対応の実践法がわかる→通り一遍のマニュアルではない、オリジナルの対策マニュアルが作成できます。

BDT001981303 お気に入りに追加
情報セキュリティと個人情報保護法の実践コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 27,000円JPY 初級 1日間 2019/11/20(水)09:15〜16:30空席あり
2020/03/16(月)09:15〜16:30空席あり

ISMS、個人情報保護法、Pマークの各制度をとおして、具体的な情報漏えい事件やインシデントの事例をもとに、今実施すべき情報セキュリティ対策は何か、どのように実施すべきかを実践的な内容で把握することができます。

AOK001011106 お気に入りに追加
企業不祥事例から考えるコンプライアンス・リスク管理の実務 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 30,240円JPY 中級 1日間 2019/11/08(金)13:00〜17:00空席あり

社会的問題にまで発展してしまうような企業不祥事の報道が後を絶たず、さらに社会の反応は厳しくなっています。しかしながら、こうした環境にあっても、不祥事は対岸の火事、自分には関係ないと思っている現場の社員が多いのが実情ではないでしょうか。
「コンプライアンスに関係する規程、教育、監査を導入したけれど、部門や現場への浸透がいまひとつ徹底しない」という担当者の相談が多数聞かれます。例えば、自動車の車検に合格しても安全運転の教育がなければ事故は防げません。コンプライアンス活動も同じです。そこで、本セミナーでは、この「安全運転教育」の部分、すなわち部門や現場の社員が納得して行動を改めるコンプライアンスの考え方や説明の仕方を具体的なケースを踏まえて実践的に学習します。

DNK005341901 お気に入りに追加
デジタル時代の知的財産管理 基礎 -コンテンツビジネスの著作権法を理解する- 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 32,400円JPY 基礎 1日間 2019/11/05(火)10:00〜13:00空席あり

企業・団体等における著作物などの「創造」「保護」「活用」を目的とする業務を「知的財産管理」といい、具体的には、創造支援、コンテンツ保護、契約・エンフォースメントなどの戦略立案と実行が求められます。世界有数のコンテンツを生み出す国でありながらも、ビジネスとしての国際流通に課題を抱えるわが国では、リスクを見極めたうえで積極的にビジネス展開ができる人材の確保・育成が急務です。
2010年から国家資格である1級知的財産管理技能士に、「コンテンツ専門業務」が加わったように、コンテンツビジネスにおいてこのような人材が果たす役割は今後ますます大きくなると見られています。本講座では、「知的財産管理技能検定 コンテンツ専門業務」の中でも理解・把握が必須とされる「著作権法」について学習します。

ATK000231403 お気に入りに追加
今日からできる 防災完全マニュアル キット付き 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 32,940円JPY 初級 2ヶ月 -

●【2018年度新規開発コース】
●世界有数の災害大国・日本
日本列島は、海洋プレートと大陸プレートがぶつかり合う場所に生まれました。プレートの上に位置しているということで火山が多く(世界の活火山の7%が日本にあります)、地震が頻繁に起こります(全世界で起きるマグニチュード6.0以上の地震の20%が日本付近で発生しています)。また、このような発生の仕方からして、日本列島は山がちです。実に7割の土地が山地や丘陵地で、傾斜が急な地形が多くあります。山沿いは雨が降りやすく、また急峻な地形から川の流れが速いため、洪水や土砂災害のリスクも高いものがあります。さらに台風の通り道になっていたり、冬は豪雪に見舞われたり……日本で生きていくためには、こうした自然災害への備えが欠かせません。
●さまざまな自然災害のメカニズム、リスク、対策、そして被災後のことまで
本講座では10種類(台風、大雨、洪水、土砂災害、氷雪害、噴火、地震、津波、竜巻、酷暑)の自然災害を網羅。テキスト1巻、2巻でそれぞれの発生メカニズムを解説して(可能なものは)予兆に気づくことを目指したり、事例に基づいてそれぞれの危険性や具体的な被害の程度を知ったり、その対策法や復旧法まで学びます。
また、被災後の拠り所となる避難所での暮らしのことに触れます。日本の避難所は、諸外国に比べて劣悪な環境だと言われています。プライバシーが担保されない、空調が効かない、寝具が充分でない……そんな中でも、少しでも快適に過ごせる方法などを解説していきます。

BDT003551901 お気に入りに追加
56件中 31 〜 40件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6