close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

テクニカル・システム開発・運用の検索結果一覧(74件)

現在の検索条件

条件を変更する
74件中 41 〜 50件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
【PDU対象】ユーザーインターフェース設計基礎[13PDU付] 
13 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 77,000円JPY 中級 2日間 2020/01/16(木)09:30〜17:00空席あり
2020/03/30(月)09:30〜17:00空席あり

使いやすいユーザーインターフェース(UI)を設計するために必要不可欠な、人間工学、認知心理学、心理学、色彩学の基礎理論をもとに、ユーザーインターフェース設計の原則を修得します。
演習をとおして、ユーザー視点の設計を重視した、人間中心設計の考え方を修得します。
本講座は13PDU取得できます。[PDU:テクニカル13PDU]

AKK044791204 お気に入りに追加
Linuxで実現!Zabbixによるシステム監視 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 82,500円JPY 応用 2日間

LinuxシステムでZabbixを用いたシステム監視の基礎と構築について学習します。また、マシン実習を通して、Zabbixのインストールと設定および操作を体験します。本コースは、Zabbixをこれから使う方にお薦めします。

AMK000411701 お気に入りに追加
【PDU対象】IT運用におけるヒューマンエラー対策〜ヒトを知り、ミスを防止するアプローチ〜[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 83,600円JPY 初級 2日間 2020/01/16(木)09:30〜17:30空席あり
2020/03/16(月)09:30〜17:30空席あり

ヒューマンエラーは、引き起こした「ヒト」だけに要因があるのではなく、取り巻く環境・条件が複雑に絡み合って発生するため、それらを適切に把握したうえで対応や対策を考える必要があります。本コースでは、実際のトラブルや事故事例からヒューマンエラーとは何か?なぜ起きるのか?などを理解した上で、ヒューマンエラーを起こしにくくする具体的な対応方法や防止策について講義と演習を通じて、学習します。明日からのIT運用業務に活かせるヒューマンエラーの分析力や対策・対応のコツを学びます。〔PDU:Technical 14〕。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル14PDU]

AGK007181904 お気に入りに追加
【PDU対象】システム方式設計[12PDU付] 
12 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 83,600円JPY 中級 2日間 2020/02/17(月)09:30〜16:30空席あり

システム開発における要件定義、概要設計フェーズに含まれるシステム方式設計に関して、その位置付けとシステム方式設計書の基本構成、システム方式設計として行うべき作業内容の概要を学習します。
本講座は12PDU取得できます。[PDU:テクニカル12PDU]

AKK042681106 お気に入りに追加
システム基盤設計・実践トレーニング 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 85,800円JPY 中級 2日間 2019/12/19(木)09:30〜17:00空席あり
2020/02/20(木)09:30〜17:00空席あり
2020/03/23(月)09:30〜17:00空席あり

本コースでは、非機能要件(性能・信頼性・拡張性など)の品質確保を考慮した、システム基盤の設計手法を学びます。富士通グループのSIノウハウに基づき、要件定義、方式設計、環境構築など各工程の作業ポイントや設計上の考慮点を講義と設計演習によって学習します。設計演習では仮想顧客のRFPを基に、方式設計書(要件を満たすシステム化や運用方式などを確定し、システム構成を決定する)を複数パターン作成します。

AGK001331106 お気に入りに追加
【PDU対象】RFPの作成と留意点[12PDU付] 
12 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 初級 2日間 2020/02/05(水)09:30〜16:30空席あり

調達先に対して提案依頼内容や制約事項が伝わる提案依頼書(RFP:Request For Proposal)を作成するための手順と記載内容、および記載のポイントを、講義とRFP作成演習、およびレビュー演習をとおして修得します。
本講座は12PDU取得できます。[PDU:テクニカル12PDU]

AKK042741106 お気に入りに追加
【PDU対象】サービスレベル管理 −SLAの設計・運用−[15PDU付] 
15 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 中級 2日間 2020/03/04(水)09:00〜17:30空席あり

情報システムの安全、信頼性の高い運用を行うために必須となる、サービスレベル・アグリーメント(SLA)やサービスレベル管理(SLM)の設計および運用方法を具体的なシナリオベースの演習をもとに修得します。
サービスレベル要件の定義、ドラフトの作成と運用状況レポートをもとに、サービスの運用実績の考察と改善提案を行います。
本講座は15PDU取得できます。[PDU:テクニカル15PDU]

AKK046331608 お気に入りに追加
【PDU対象】システム開発のためのテスト設計[13PDU付] 
13 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 中級 2日間 2020/02/19(水)09:30〜17:00空席あり
2020/03/11(水)09:30〜17:00空席あり

システム開発の上流工程からテストを考慮し、効果的なテストを実施するために、体系的にテスト計画・テスト設計のプロセスを修得します。
テストの目的やテスト開始基準などテスト実施前に検討する内容を確認し、テスト実施中または実施後のテストに関するトラブルを防ぎましょう。
本講座は13PDU取得できます。[PDU:テクニカル13PDU]

AKK046891704 お気に入りに追加
【PDU対象】システム要件定義[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 上級 2日間 2019/12/16(月)09:30〜17:30空席あり
2020/01/23(木)09:30〜17:30空席あり
2020/02/13(木)09:30〜17:30空席あり
2020/03/23(月)09:30〜17:30空席あり

ステークホルダーからの要求および業務要件の内容をもとに、実現性を考慮したうえでシステム要件および非機能要件を定義する手順とその定義内容を、ケーススタディを用いた演習を通して学習します。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル14PDU]

AKK047561801 お気に入りに追加
【PDU対象】ビジネスに貢献する業務要件定義[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 上級 2日間 2019/12/18(水)09:00〜17:00空席あり
2020/01/27(月)09:00〜17:00空席あり
2020/02/20(木)09:00〜17:00空席あり
2020/03/25(水)09:00〜17:00空席あり

ビジネスゴールを達成するために、ステークホルダーから要求を引き出し、整合性を取りつつ実現可能な要件業務要件定義の手順とポイント、および関係者と合意できる成果物の作成方法を体系的に修得します。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス14PDU]

AKK047651801 お気に入りに追加
74件中 41 〜 50件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8