close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

テクニカル・システム開発・運用の検索結果一覧(74件)

現在の検索条件

条件を変更する
74件中 41 〜 50件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
【PDU対象】要求定義(後編) 〜システム要件を詳細化し仕様書を作成する〜[13PDU付] 
13 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 107,800円JPY 基礎 2日間 2020/02/20(木)09:30〜17:00空席あり
2020/03/02(月)09:30〜17:00空席あり
2020/03/09(月)09:30〜17:00空席あり

主にシステム開発会社(またはユーザ企業の情報システム部門)に所属し、要求定義・外部設計工程に関わる方を対象に、システム要件から外部設計に展開するために必要な要素である要求仕様を定義するプロセスと成果物について学習します。
本講座は13PDU取得できます。[PDU:テクニカル13PDU]

ADK007911501 お気に入りに追加
【PDU対象】ビジネスに貢献する業務要件定義[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 上級 2日間 2020/02/20(木)09:00〜17:00空席あり
2020/03/25(水)09:00〜17:00空席あり

ビジネスゴールを達成するために、ステークホルダーから要求を引き出し、整合性を取りつつ実現可能な要件業務要件定義の手順とポイント、および関係者と合意できる成果物の作成方法を体系的に修得します。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス14PDU]

AKK047651801 お気に入りに追加
【PDU対象】SEのためのベンダーマネジメント[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 応用 2日間

このコースでは、調達方針を踏まえ、SEがサブベンダーを取り纏める際のVMについて、開発プロジェクトの現場でサブベンダーの作業実態を把握し、作業進捗管理とリスクマネジメントを遂行する方法を修得します。
SEがサブベンダーを取り纏める際の、VMのための「プロジェクト実施方法の合意」「VM計画と問題解決プロセスの共有」「VM実行・監視コントロール」の具体策を学習します。
このコースは、米国PMI(R)認定コースに指定されており、PMP(R)資格更新に必要なポイント(PDU:14ポイント)の取得が可能です。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル10PDU_戦略/ビジネス4PDU]

AMK000841801 お気に入りに追加
【PDU対象】ITサービス設計 〜サービスビジネスの立ち上げ・導入で考えておくポイントを学ぶ〜[6.5PDU付] 
6.5 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 60,500円JPY 基礎 1日間 2020/01/29(水)09:30〜17:00空席あり
2020/03/04(水)09:30〜17:00空席あり

・ショッピングサイト、ポイントサービス等、ITを活用した新たなビジネスを開始したいと考えている
・自社製品の機能をITでサービス提供したいと考えている
・これまでパッケージソフトウェアを販売していたが、販売形態ではなくサービス提供形態のビジネスモデルに転換を考えている
etc

利用者が製品を購入せず、機能だけを利用したいというサービスビジネスの形態が増えてきています。しかしながら、これまでSIを生業にしてきたシステムインテグレーターにとって、サービスビジネスへの転換には越えなければならないハードルがいくつかあります。

本コースでは、これからサービスビジネスを検討しようとしている方、サービスビジネスを立ち上げる予定だが設計時に何を検討しておけばいいかお悩みの方が、ITサービスの設計時のポイントを習得することができます。
本講座は6.5PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス6.5PDU]

ADK010631810 お気に入りに追加
【PDU対象】明日から実践できるアジャイル開発の基礎[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 49,500円JPY 初級 1日間 2020/01/31(金)09:00〜17:00空席あり
2020/02/21(金)09:00〜17:00空席あり
2020/03/04(水)09:00〜17:00空席あり
2020/03/16(月)09:00〜17:00空席あり
2020/03/26(木)09:00〜17:00空席あり

代表的なアジャイル開発手法のスクラムをベースに、アジャイル開発の基本概念とメリットについて学習します。ウォーターフォールをはじめとした従来の開発手法との違いを学習します。ウォーターフォール開発を行っていた組織にアジャイル開発を導入した実績をもとに、アジャイル開発を成功に導くポイントを紹介します。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:テクニカル7PDU]

AKK046241601 お気に入りに追加
アジャイル開発手法によるシステム開発 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 118,800円JPY 中級 3日間 2020/02/03(月)09:30〜17:00空席あり
2020/02/12(水)09:30〜17:00空席あり
2020/03/11(水)09:30〜17:00空席あり
2020/03/25(水)09:30〜17:00空席あり

スクラムをベースとしたアジャイル開発の進め方(スプリント計画ミーティング、開発作業、スプリントレビューミーティング、スプリント振返りなど)について演習を通して学習します。演習では、アジャイル開発手法(スクラム)の作業内容に基づき、システム開発プロジェクトを疑似体験します。

AGK006921801 お気に入りに追加
システム設計の基礎 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 99,000円JPY 初級 3日間 2020/02/03(月)09:30〜16:30空席あり

外部設計や内部設計の手順と技法、および成果物に関する基礎知識を修得します。
機能分析では機能仕様書を、ユーザインタフェース設計では画面レイアウトや画面遷移図を、論理データ設計ではER図を、3層アーキテクチャ設計では処理フローを、一貫した演習テーマで設計することで、各工程の位置づけと、不具合が混入した場合の影響を修得します。

AKK001361106 お気に入りに追加
【PDU対象】システム開発のためのテスト技法[13PDU付] 
13 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 77,000円JPY 初級 2日間 2020/02/03(月)09:30〜17:00空席あり
2020/02/12(水)09:30〜17:00空席あり
2020/03/02(月)09:30〜17:00空席あり

網羅率(命令網羅、分岐網羅など)を意識したホワイトボックステスト技法や、境界値分析やディシジョンテーブル、ペア構成テストなどのブラックボックステスト技法など、高品質なシステム開発のために必要なテスト技法の基礎知識を修得します。
「なぜそのテストケースを実施するのか」を説明するための知識を、グループ演習をとおして修得します。
本講座は13PDU取得できます。[PDU:テクニカル13PDU]

AKK042661106 お気に入りに追加
ソフトウェア品質技術コース 「アジャイル開発の品質保証」 〜客観的かつ合理的に、アジャイル品質を確保する〜 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 44,000円JPY 中級 1日間 2020/02/03(月)09:00〜16:30空席あり

アジャイル開発の品質確保に関する技術動向を解説するとともに、実際にアジャイル開発で品質確保するための技法を学習します。品質確保の観点から、実践すべきプラクティス、計測すべきメトリクス、スプリントレビューにおける確認観点を具体的に学習します。

AKK048141901 お気に入りに追加
運用設計の実践〜運用設計書の書き方を学ぶ〜 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 110,000円JPY 中級 2日間 2020/02/03(月)09:30〜16:30空席あり

運用設計は、運用プロセス毎に注力作成しなければいけない、重要な観点があります。各運用プロセス毎に、運用設計のポイントをより実践的に説明します。な運用プロセスを例に、実践に活かせるようなポイントを学習します。

AKK048321901 お気に入りに追加
74件中 41 〜 50件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8