close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

テクニカル・システム開発・運用の検索結果一覧(70件)

現在の検索条件

条件を変更する
70件中 61 〜 70件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
| 次のページNext Page
Javaモジュールテスト演習 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 33,000円JPY 応用 1日間 2019/11/18(月)09:30〜17:00空席あり

単体テスト(モジュールテスト)を自動化して、効率的にテストを実施する方法について学習します。またマシン実習では、JUnit等のテスト作成支援ツールを利用してテストコードを作成しテストを実施します。

AMK000321701 お気に入りに追加
Javaによるテスト駆動開発演習 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 33,000円JPY 応用 1日間 2020/02/21(金)09:30〜17:00空席あり

テストを活用した開発手法であるテスト駆動開発について学習します。Javaによるアプリケーション開発を通して、テスト駆動開発の進め方やJUnitなどを利用した自動化の仕組みを学習します。

AMK000391701 お気に入りに追加
Linuxで実現!Zabbixによるシステム監視 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 82,500円JPY 応用 2日間

LinuxシステムでZabbixを用いたシステム監視の基礎と構築について学習します。また、マシン実習を通して、Zabbixのインストールと設定および操作を体験します。本コースは、Zabbixをこれから使う方にお薦めします。

AMK000411701 お気に入りに追加
現行システムのリプレース/改修における現状洗い出しを確実にするための業務フロー作成技法 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 44,000円JPY 応用 1日間

昨今のレガシーマイグレーションやモダナイゼーションのような既存システムの改修・高度化における難関は現状の利用実態を把握しきれず必要な業務ニーズを取りこぼすことです。これを予防するには現行システムの利用状況をしっかりと把握する必要があります。ともすればドキュメントが揃ってなかったりする現実において、現状の洗い出しを高速かつ簡便に実現する方法について、書籍「はじめよう!プロセス設計」の著者が豊富な現場経験に基づく実践的な要点をビジネス系システムを中心にお伝えします。

AMK000731801 お気に入りに追加
【PDU対象】SEのためのベンダーマネジメント[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 88,000円JPY 応用 2日間 2019/12/02(月)09:30〜17:30空席あり
2020/01/27(月)09:30〜17:30空席あり

このコースでは、調達方針を踏まえ、SEがサブベンダーを取り纏める際のVMについて、開発プロジェクトの現場でサブベンダーの作業実態を把握し、作業進捗管理とリスクマネジメントを遂行する方法を修得します。
SEがサブベンダーを取り纏める際の、VMのための「プロジェクト実施方法の合意」「VM計画と問題解決プロセスの共有」「VM実行・監視コントロール」の具体策を学習します。
このコースは、米国PMI(R)認定コースに指定されており、PMP(R)資格更新に必要なポイント(PDU:14ポイント)の取得が可能です。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル10PDU_戦略/ビジネス4PDU]

AMK000841801 お気に入りに追加
情報システム導入を成功させる要件定義とベンダー折衝の実践ポイント 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 44,000円JPY 応用 1日間

要件定義とベンダー折衝を通して、情報システム導入を成功に導く方法論を解説します。特にパッケージ・システム導入を事例として、各種のチェックリストや問題解決技法のテンプレート使用して具体的な進め方を修得します。

AMK000851801 お気に入りに追加
IoT技術解説−セキュリティ編− 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 28,600円JPY 応用 1日間

IoTシステムにおけるセキュリティの重要性とセキュリティの適用事例を学習します。
IoT特有のセキュリティの考え方、IoTシステムの各レイヤにおける、セキュリティ技術と事例を解説します。
なお、本コースは0.5日間の開催となります。お間違いのないようご注意ください。

AMK001191901 お気に入りに追加
IoT技術解説−センサ編− 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 28,600円JPY 応用 1日間

センサに関する基本的な知識について学習します。また、センサの使い方を理解するとともに、IoTデバイスでのセンサ制御やIoTサーバでのデータ活用など、センサを使用したIoTシステム全体を理解します。
なお、本コースは0.5日間の開催となります。お間違いのないようご注意ください。

AMK001201901 お気に入りに追加
IoT技術解説 5G編 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 28,600円JPY 応用 1日間 2019/12/18(水)09:30〜12:00空席あり
2020/03/06(金)09:30〜12:00空席あり

IoTシステム構築・関連製品の企画・構築を行う方を対象に、高速、低遅延の無線ネットワークとして、各種IoTシステムやコネクテッドカーへの適用が進む5Gの構成と機能を学習します。
なお、本コースは0.5日間の開催となります。お間違いのないようご注意ください。

AMK001211901 お気に入りに追加
【PDU対象】[リーダー向け]アジャイル開発における自律型チーム運営[6PDU付] 
6 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 46,200円JPY 応用 1日間 2019/12/04(水)09:30〜16:30満席

アジャイル開発を担当するリーダーとして、その力量がもっとも発揮されるべき局面がチーム運営です。「チームがうまくまとまっていかない」「メンバは指示待ちで自分から動かない」というように自律型チームにならないことが多いのが現実です。このコースでは、自律的なチームとは何か、どうすれば自律的なチームになるのかを、開発現場の状況を想定した講師とのディスカッション演習や質疑応答を通して考察します。それを通して、適用可能なプラクティスからチーム運営のあり方をつかむことをめざします。このコースは、米国PMI(R)認定コースに指定されており、PMP(R)資格更新に必要なポイント(PDU:6ポイント)の取得が可能です。
本講座は6PDU取得できます。[PDU:テクニカル4.5PDU_リーダーシップ1.5PDU]

AMK001341901 お気に入りに追加
70件中 61 〜 70件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
| 次のページNext Page