close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

複眼的思考による 問題発見力強化研修

お気に入りに追加
コースコードCourse Code ACK017391901 価格Fee Including Tax 82,500 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
2日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
産能セミナールーム代官山教室/東京都
07月講座 2020/07/20(月)09:30-17:30 空席あり
09月講座 2020/09/24(木)09:30-17:30 空席あり
11月講座 2020/11/10(火)09:30-17:30 空席あり
02月講座 2021/02/17(水)09:30-17:30 空席あり
産能セミナールーム名古屋教室/愛知県
02月講座 2021/02/02(火)09:30-17:30 空席あり
産能セミナールーム大阪教室(梅田)/大阪府
01月講座 2021/01/21(木)09:30-17:30 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
すべてのリーダー
【特におすすめ】
・問題状況を的確に捉えたい方 
・問題発見力を高めたい方 
・問題の本質を見極めたい方

講座概要

【ねらい】
1.問題がないと思われる状況を健全な批判精神で多様に意味づけし、潜在的な問題の芽を洗い出す「複眼的思考の技術」を学習する
2.聞き取りや徹底した観察によって対象を客観的に把握しようとする定性調査の手法「フィールドワークの技術」を学習する
3.仮説を検証し、深めるのに必要な「インタビュー技術」を学習する
4.周囲を巻き込んでいく「ストーリーテリングの技術」を学習する
【概要】
仕事のパターン化と受動的な社員の増加により、問題提起し問題解決する現場の力(現場力)が低下していると言われます。この原因として、現場リーダーが日常の「当たり前」に埋没し、疑うことを忘れ、問題を発見する感度が鈍っていることが挙げられます。
このセミナーは、一般的な問題解決プロセスのうち、「問題発見」段階に焦点を当て、それに必要な4つの技術の習得を目的としています。
【特徴】
4つの技術「複眼的思考の技術」、「フィールドワークの技術」、「インタビューの技術」、「ストーリーテリングの技術」によって問題発見および解決能力を高める。

複眼的思考による 問題発見力強化研修

会場
Place

価格  82,500  円(税込)

ACK017391901

カリキュラム

【1日目】9:30−17:30
1 オリエンテーション
○セミナーのねらい ○現場力の低下
○現場リーダーに求められること
2 現場のあたりまえを疑う「複眼的思考の技術」
○複眼的思考とは何か
○[演習]複眼的思考の実践ポイント
3 現場を観察し、仮説をつくる「フィールドワークの技術」
○フィールドワークとは何か? ○フィールドノーツをつくる

【2日目】9:30−17:30
○ [演習]フィールドワーク体験複数のフィールドを観察し、フィールド
ノーツをつける
4 仮説の確からしさを検証する「インタビューの技術」
○インタビューを通じて仮説の妥当性を確かめる
○インタビューの類型 ○インタビューの基本技術
○[演習]インタビューで仮説を検証する
○[演習]インタビュープランを準備する
5 問題解決に向けて他者を巻き込む「ストーリーテリングの技術」
○ストーリーテリングとは何か? ○ストーリーをつくる際のポイント
○[演習]問題解決に向けて他者を巻き込むストーリーを作成する

受講条件

教育団体や経営コンサルタントの方のお申し込みはご遠慮願います。

実施団体名
Implemented by
学校法人産業能率大学
備考
Note
-

複眼的思考による 問題発見力強化研修

会場
Place

価格  82,500  円(税込)

ACK017391901