close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

データ分析手法の理論と適用−ビジネスにおける統計的手法活用の広がり−

お気に入りに追加
コースコードCourse Code AMK000261701 価格Fee Including Tax 82,500 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
2日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
大森キャンパス/東京都
大阪キャンパス/大阪府
名古屋キャンパス/愛知県
広島キャンパス/広島県
福岡キャンパス/福岡県
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
データ分析におけるExcel活用を学びたい方、Excel操作にとどまらずデータ分析における考え方のポイントを知りたい方。

講座概要

このコースでは、ビッグデータの分析やデータマイニングの根底にある、データ分析の理論や作業スキルを学習します。また、理論や作業スキルにとどまらず、各分析手法をビジネスデータに適用する際の考え方もあわせて学習します。例えば、分析手法適用の際のインプットデータは、目的や仮説に基づいて抽出する必要があります。また、アウトプットの図表からは、「だから何が言えるのか」という、提言につながる考察を抽出する必要があります。このような、データを入手してからレポート作成するまでの一連の思考過程と作業を、Excelを利用した演習を通して学習します。

-

申し訳ございません。この講座の申し込み受付期間は終了しました。

カリキュラム

1.データ分析手法の分類
(1)目的によるデータ分析手法の分類
(2)データの種類によるデータ分析手法の分類
2.データ分析手法
(1)分析のアウトプットの意味を考える
(2)分析のインプットデータをどうすべきか考える
(ヒストグラム/基本統計量/時系列分析/パレート分析/単回帰分析/
散布図/重回帰分析/数量化 I 類/主成分分析/判別分析/クラスター分析)
3.確率と検定
(1)区間推定
(2)検定(t検定/独立性の検定/分散分析)
(3)シミュレーションへの確率分布の適用
4.そして実務へ
(1)分析計画の策定

受講条件

「ロジカルシンキング基礎−論理の可視化と論理チェックのポイント−」コースを修了しているか、または同等の知識があり、かつExcelの基本的な操作経験があること。

実施団体名
Implemented by
株式会社日立アカデミー
備考
Note
・このコースは、グループ演習を中心とした構成のため、研修効果の観点から最少開催人数を設けさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願いいたします。
-