close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

印紙税の基本と実務ポイント

お気に入りに追加
コースコードCourse Code DNK005381912 価格Fee Including Tax 23,100 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
1日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
呉服橋ビル/東京都
01月講座 2022/01/19(水)10:00-12:00 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
総務・法務、経理、営業、調達・購買部門等担当者

講座概要

契約書などの文書において、「収入印紙を貼らなければいけないのか」、「印紙税はいくらかかるのか」などの疑問をもたれることも多いかと思います。あまりよくわからないまま、従来通り、あるいは取引先にならった実務を行っていると、後から高額の過怠税を追徴されることにもなりかねません。
本セミナーでは、印紙税の基本をしっかりと理解したうえで、契約書や領収書等の具体的な事例を通して、実務における対応のポイントを解説します。総務・法務・経理部門担当者はもちろんのこと、営業や調達・購買部門等、現場で実務に携わる方々にもご参加をおすすめします。

印紙税の基本と実務ポイント

会場
Place

価格  23,100  円(税込)

DNK005381912

カリキュラム

1.課税文書
 (ア)印紙税法の性格
 (イ)課税文書の判定
 (ウ)印紙税法の文書とは
 (エ)印紙税法の契約書とは
 (オ)重要事項とは
 (カ)電磁的記録と印紙税
 (キ)ケーススタディ

2.記載金額
 (ア)記載金額が2つ以上ある場合
 (イ)記載金額を増減する場合
 (ウ)予定金額が記載されている場合
 (エ)手付金・内金が記載されている場合
 (オ)記載金額がない場合
 (カ)ケーススタディ

3.その他の知識
 (ア)所属の決定
 (イ)作成者
 (ウ)海外取引の場合
 (エ)過怠税
 (オ)連帯納税義務

4.1号文書(金銭消費貸借等)
 (ア)1号文書の特徴
 (イ)ケーススタディ

5.2号文書(請負契約)
 (ア)2号文書の特徴
 (イ)2号文書の判定
 (ウ)ケーススタディ

6.7号文書(継続的基本契約)
 (ア)7号文書の特徴
 (イ)7号文書の判定
 (ウ)ケーススタディ

7.17号文書(領収書)
 (ア)17号文書の判定
 (イ)ケーススタディ

※最新の情報を反映させるため内容が変更になることがあります。

受講条件

実施団体名
Implemented by
SMBCコンサルティング株式会社
備考
Note

※受付は30分前より開始いたします
※会場には駐車場はございません
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

印紙税の基本と実務ポイント

会場
Place

価格  23,100  円(税込)

DNK005381912