close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

テクニカル・プロジェクトマネジメントの検索結果一覧(100件)

現在の検索条件

条件を変更する
100件中 71 〜 80件を表示
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
【PDU対象】着実にプロジェクトを進める進捗管理実践[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 55,000円JPY 初級 1日間 2020/10/12(月)09:30〜17:30空席あり
2021/01/25(月)09:30〜17:30空席あり

ITシステム開発や運用プロジェクトで「進捗管理をせよ」と上司から言われたあなた、まず何から始めますか?とりあえず進捗をヒアリングしに行く前にすべきことがあります。報告の粒度を統一させる、プロジェクトの状況を把握するために必要な情報を特定する、集めた情報の評価分析の仕方など様々なことを事前に決めた上で、進捗管理を進めていかなければなりません。
 本セミナーでは、ITシステム開発や運用プロジェクトにおける、進捗管理の基本知識から実践技法までを説明します。PMBOK理論をベースにした、実務で使える実践的な考え方と技法を説明します。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:テクニカル7PDU]

DFK002421801 お気に入りに追加
【PDU対象】顧客満足度を高める品質管理実践[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 55,000円JPY 初級 1日間 2020/11/09(月)09:30〜17:30空席あり
2021/03/04(木)09:30〜17:30空席あり

ITシステム開発や運用プロジェクトにおいて、顧客満足度を高めるために品質を確保することは必要不可欠です。品質はテストで確保するものではありません。品質はプロジェクトの進行と共に作りこんでいくものです。顧客のビジネスゴールからブレイクダウンして品質目標を定め、それを達成するためにすべきことを決め、確実に実行していく必要があるのです。
 本セミナーでは、ITシステム開発や運用プロジェクトにおける、品質管理の基本知識から実践技法までを説明します。PMBOK理論をベースにした、実務で使える実践的な考え方と技法を説明します。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:テクニカル7PDU]

DFK002431801 お気に入りに追加
【PDU対象】想定外からプロジェクトを守るリスク管理実践[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 55,000円JPY 初級 1日間 2020/10/05(月)09:30〜17:30空席あり
2021/02/01(月)09:30〜17:30空席あり

 ITシステム開発や運用プロジェクトにおいて、発生する問題を確実に解決することは重要です。しかし、問題になる前にリスクとしてキャッチし、先手を打つことが肝要です。
リスク管理を上手く機能させることができると、プロジェクトでの問題が減りQCD向上に直結し、顧客満足度向上につながっていきます。リスク管理を機能させるには、対応すべきリスクと対応する必要のないリスクをいかに見極めるかが鍵を握ります。

 本セミナーでは、ITシステム開発や運用プロジェクトにおける、リスク管理の基本知識から実践技法までを説明します。PMBOK理論をベースにした、実務で使える実践的な考え方と技法を説明します。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:テクニカル7PDU]

DFK002441801 お気に入りに追加
【PDU対象】プロジェクト管理のキーポイントを伝授!(PMBOKを有効活用)[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 55,000円JPY 実践 1日間 2021/01/25(月)09:30〜17:30空席あり

プロジェクト成功のためにプロジェクトマネジメントをどう実践するのか、その手順やコツを、PMBOKの体系に基づき実例ベースで解説します。
実践的で、すぐに活用可能な、管理資料や情報も提示いたします。
具体的なキーポイントは以下のとおりです。
・WBSの作り方、使い方、有効なレビュー方法
・リスクを効果的に抽出、対処する管理方法
・EVMを活用した進捗管理の実践方法
などを伝授いたします。 

※PDU7ポイント取得コース です。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:テクニカル7PDU]

DFK002451801 お気に入りに追加
事例から学ぶ 機械学習・AIを用いたデータ分析/活用プロジェクトの進め方 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 76,560円JPY 初級 1日間

・実際に機械学習案件に携わってきた経験豊富な講師から、分析案件の進め方を複数の案件事例を通して学びます。
・本研修を実施することで、機械学習案件を進めるために必要なこと(体制/プロセス/成果物/リスクなど)を知ることが出来ます。
・進め方を学ぶために、前半は基礎知識を広く学び、後半は実際の案件事例を複数パターンを学びます。
・また、要所で自身にて演習を行うことで、進め方の具体的なイメージを付けることができます。

※演習にプログラミングの知識は不要です。機械学習案件の課題を基にプロセス・タスクへの落とし込みなどを行います。

DPK000752005 お気に入りに追加
【PDU対象】失敗しない要件定義実践[8PDU付] 
8 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 49,500円JPY 上級 1日間 2020/10/02(金)09:30〜18:30空席あり

国内のソフトウェア開発プロジェクトの成功率は約30%と言われています。プロジェクトを成功させるために重要となるのが要件定義。
本セミナーでは、顧客から要求を引き出す方法などを、講義と実践的なワークショップで学びます。
上流工程を成功させたいソフトウェア開発者にオススメのセミナーです。
本講座は8PDU取得できます。[PDU:テクニカル8PDU]

HAK000681901 お気に入りに追加
【PDU対象】失敗しないステークホルダーマネジメント実践[8PDU付] 
8 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 49,500円JPY 上級 1日間 2020/12/11(金)09:30〜18:30空席あり

本セミナーでは、システム開発側とユーザ側、両方の立場でプロジェクトマネジメントを実践してきた講師の経験をバックボーンに、実務で活用できるステークホルダーマネジメントを一日で習得します。
顧客からの無茶ぶりや、部門同士の対立など、プロジェクトマネジメントの障壁となるステークホルダー(利害関係者)の問題を、ロジカルに解決へと導くことが出来るセミナーです。
本講座は8PDU取得できます。[PDU:リーダーシップ8PDU]

HAK000731912 お気に入りに追加
SEのためのプロジェクト管理 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 28,050円JPY 中級 3ヶ月 -

本講座では、システム開発の計画から、費用・工数の見積り、進捗管理・外注管理、性能評価までの手法はもちろん、講師の積年の経験による「現場での応用を踏まえて確実に使いこなす」ための工夫と知恵を盛り込んでいます。

一般的手法では見落としがちな、準備段階からのリスク管理、運営上でのトラブル克服のポイントを学び、「計画・実施・評価」の各局面 における勘どころを実践に活かすことが本コースのねらいです。

BPT000141104 お気に入りに追加
【PDU対象】ソフトウェア資産管理[4PDU付] 
4 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 8,250円JPY 中級 6ヶ月 -

国際標準規格 ISO/IEC19770 のフレームワークに基づき、ソフトウェアの適正な資産管理の必要性や実施の内容について理解します。 また、ソフトウェアの管理体制を整備する上での基本事項を理解します。
本講座は4PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス4PDU]

DAE006371801 お気に入りに追加
【PDU対象】要求定義[20PDU付] 
20 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
eラーニング 41,800円JPY 上級 6ヶ月 -

実践ベースで必要となるビジネス分析・要求定義を実施可能にする講座です。 BABOK の知識理解にとどまらず、実際の プロジェクト・マネジャー、 SE としての要求定義を実践できるような演習もふくまれており、 ビジネス戦略・上流工程としての、プロジェクトの適正な要求定義の理解を深めます。

※IT ストラテジストのプロセスをベースにBAなどの要素を取り込んでいます。
本講座は20PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス20PDU]

DAE006381801 お気に入りに追加
100件中 71 〜 80件を表示
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10